STU48は瀬戸内海に面する7県(兵庫・岡山・広島・山口・愛媛・香川・徳島)を主に活動拠点とするアイドルで日本のアイドルの代表AKB48の姉妹グループなのでAKB総選挙にも出場することができます。(瀬戸内海に面しているが九州はすでにHKTがあるためか除外されている。)
初期には指原莉乃が兼任でSTU48と劇場支配人の辞令を受けたが現在はスケジュールの都合などを理由に脱退している。

AKBグループでは6番目との設立となるSTU48ですが専用劇場が船の劇場という予定で、船ということで色々難しいようで文字通り計画が難航していましたが、ようやく1年経過した2018年4月14日にその概要が報告された。船は全長255フィート(77.8m)、全幅41フィート(12.5m)を予定と瀬戸内海ではこのクラスの船はタンカーや本格的な豪華客船を除けばかなり大きな気がする、宮島航路で乗るフェリーのななうら丸ですら全長31mなのでその倍の大きさということもあり船酔いすることはまず無いと思われる。

まさかとは思うが自家用のプレジャーボートで追っかけするファンとか現れませんように、チケット入手してSTU48の船に乗って欲しい。
実際、二級船舶免許で規制されている陸地から5海里(9.26km)以上離れてはならないのですが、瀬戸内海ではほぼこの範囲に何らかの島があるため規制がごく一部を除いて無いので船での追っかけ自体は可能だがプレジャーボートの燃費が1時間で20リットル前後必要なのでチケット買ったほうが安いと思う。

 

船上ライブは夢が広がる設定だと思う普通にクルージングはするだろうし広島では宮島、宇品、三原など港での花火大会もある為、その機動力を活かしたコラボ企画もできるのではないかと思う。
いつ最初の船が出航するのか楽しみです。

宮島水族館が400万人達成を祝してイベントを開催しました。2018年11月8日にSTU48のメンバーの今村美月と菅原早記が一日館長に任命されアシカショーや魚のエサやりなどのお手伝いをしました。